ウォーターサーバーバラ色

人気記事ランキング

ホーム > > トレードをする時

トレードをする時

物語の舞台は1986年5月1ドルノ円の為替相場を円高方向に誘導することについて、歴史的な合意がなされた1985年9月のプラザ合意直後の為替激動期です。物語の主人公は、マルワートラストという邦銀。
 
トレンドに確実に乗れたら大きく勝てそう」と思ってしまったのです。しかし、売りか買いか? 当てずっぽうでエントリーしても失敗した時の損失が大きい、これではリスクが高すぎます。
 
仮需取引のメインプレイヤーです。 一方の「実需」とは、投機目的ではなく、実際に現物の通貨を必要とする取引です。たとえば、貿易会社の輸出入時の決済や、外国株に投資をする保険会社
 
相場の状況に合わせた発注方法を選ぶこと、そして、損切り設定を含むトレードをする時発注方法を基本とした売買をすることをお勧めします。売買スタンスによって選択1定のレンジ(範囲)の中に限られたように。